血管腫 治療 大人

大人の血管腫の治療について

スポンサーリンク

大人の血管腫の治療では、レーザーを使用することがありますがそれ以外の方法があります。
レーザーを使用しない方法について説明していきます。

 

 

【海綿状血管腫の治療とは? 】
大人の血管腫を治療するときにレーザーを採用しますが、症状の種類によって他の方法を使用することがあります。
塞栓療法では、症状のある部分のまわりの結果に詰め物をして血流を止める方法です。
この方法を採用することでこちらの症状自体が小さくなっていきます。

 

硬化療法では、特殊な薬剤を注射して血管腫を固くする方法です。
この方法と併用して塞栓療法を施す塞栓硬化療法を行う場合があります。
これらの塞栓療法や硬化療法ができない場合には摘出手術を行うことになります。

 

 

これらの方法は子供から大人まで採用されている方法です。
これらの方法は海綿状血管腫に該当した場合に行われる方法となります。
この症状ではレーザー治療で治せない症状になるためこれらの方法を利用するのが現在の方法とされています。

 

この海綿状血管腫は、奇形性の静脈が塊状となる症状となります。
子供から大人まで幅広く現れてしまう症状ですが、人によって発症する症状が様々な特徴となります。

 

スポンサーリンク

 

【効果のある治療方法】
海綿状の症状のある場合には、レーザー以外の方法を行います。
大人の人でも副作用のリスクが少ない採用する場合には圧迫療法があります。
手足にある血管腫の場合には採用できる方法です。
患部を包帯などで圧迫する方法です。
患部を圧迫するため、その場所に溜まってしまった血液やリンパ液を、逃がす効果のある方法です。
時間がかかってしまいますが、副作用などのリスクが少ないため大人だけでなく子供でも採用できる方法となります。

 

 

【リスクがあるが早い効果を期待する場合の方法】
外部からの圧迫などにより治療を行う方法以外にステロイドを採用した方法があります。
ステロイド剤をその症状のある部分に局部注射する方法と内服の方法があります。
どちらを採用した場合でも、他の方法に比べて目に見えて効果が現れる方法です。

 

しかし、副作用が出やすいリスクがあるため、子供よりも大人に向いている方法だといえます。
長期間よりも短期間で治療したい人に向いている方法です。

 

海綿状血管腫は、一般的なレーザーを使用する方法が採用できない症状です。
そのためレーザーに変わるこれらの方法を採用して治療することになります。
方法によっては大人の人が向いているものもありますが、短期間での治療でも副作用のリスクがあるため摘出手術が確実な方法だといえます。

スポンサーリンク