血管腫 レーザー 回数

レーザーで血管腫の治療回数は?

スポンサーリンク

血管腫の治療でレーザーを使用した治療方法があります。
効果のある治療方法として注目されていますが、症状によって数回行う必要があります。
こどれくらいで効果があるか気になるところです。

 

 

【単純性血管腫の治療】
単純性と呼ばれる血管腫の治療では、レーザーを使用した治療が最も効果のある方法と言われています。
こちらの症状は先天性のものと言われており主に顔面に発症する症状です。
こちらの症状の場合には色素レーザーを採用した治療を行うことになります。

 

局部麻酔を使用して治療を行いますが、頻繁に治療を行うことができない方法です。
こちらの治療では照射した後1、2ヶ月経過した後治療を続けていくことになります。
治療を行う年齢により治療回数が異なってきます。

 

こちらの治療を行う場合には、大人に比べて子供の方が効果のある治療方法となります。
子供の場合には皮膚が薄く血管腫が浅いところにあるため治療を開始するのが早ければ早いほど治療回数が少ないことになります。

 

レーザーを使用した治療回数でも通常は3回から4回の治療を行うことで効果が得られることになります。
しかし、こちらの治療方法では抵抗性のある症状の場合にはその後手術療法が必要な場合があります。
そのため早めに治療を行いましょう。

 

スポンサーリンク

 

【いちご状態の血管腫】
単純性とは異なりいちご状態の赤あざになっている血管腫があります。
子供に多く見られる症状で生まれた直後から現れる症状となります。
現在は乳児血管腫と呼ばれる症状でレーザー治療がよく効果のある治療方法として採用されているものです。
こちらの治療方法では保険適用がされており治療は3ヶ月に1回照射することが繰り返すことになります。

 

この症状の場合には自然に消退することを待つ考えもありますが、発症した直後積極的に治療をするときには早めに消退するため治療結果が良いことが特徴となります。
こちらの症状でも1回ではなく治療回数は5回から6回治療を行います。

 

 

【症状や本人により異なる】
レーザーを使用した血管腫の治療は、その症状や本人の皮膚の状態により治療する回数が異なります。
種類によって放置していても消えてしまうものもありますが、すべてがこの条件に当てはまらないので、病院で診察をすることが必要でしょう。

 

血管腫の治療でレーザーは大変効果のある治療方法です。
治療回数は、患者や皮膚の状態により回数が異なります。
自然に消滅してしまうものもあるので、気がついた時に病院で相談をして治療を行います。

スポンサーリンク