血管腫 肝臓 手術

肝臓血管腫の手術について

スポンサーリンク

肝臓に血管腫が見つかると手術をしてしまうと考える人もいますが、状態によって治療方法が異なります。
この症状で治療が必要な場合を紹介していきます。

 

 

【良性でも治療を行う】
肝臓にできてしまった血管腫が良性の場合でも手術を行うことがあります。
本来良性の場合には経過観察をして手術を行う事はありませんが、症状により行う必要性が生じてきます。

 

良性の場合には、体に悪い影響を及ぼしていないことになりますが、こちらの腫瘍自体が良性であっても治療を行うことがあります。
それが体に悪い影響を与えていることです。

 

 

【手術が必要な場合】
肝臓にできた血管腫の治療が必要な状態が他の臓器に影響を及ぼしていることです。
腫瘍自体が大きくなり他の臓器に影響を及ぼすときには適切な治療が必要となります。
また、痛みを伴ってしまうことが体に悪い影響を与えていることです。

 

そのためこの場合には、治療を行い肝臓にできた血管腫を切除することになります。
このような症状が見られない限り適切な治療を行わずに経過観察していくことになります。
患者によっては経過観察をして治療を行わず生活していく人も多いです。

 

スポンサーリンク

 

【経過観察と手術】
肝臓にできた血管腫も状態によっては経過観察をしていくことになります。
この経過観察では手術をしないため、定期的に血管腫の状態を観察することになります。
腫瘍自体のサイズが大きくなっていくと将来的に治療をスタートさせることになります。

 

血管腫の経過観察による検査は、1年に1回程度行うことになりますが、状態によっては毎月定期的に検査を行うことになります。
検査の違いは腫瘍の状態により異なることになります。
サイズが大きい場合ほど定期的な検査が必要となるからです。

 

良性の場合が多い肝臓の血管腫ですが、年齢を重ねていくことで手術のリスクが高くなってしまいます。
そのため患者によっては年齢が高くなる前に治療に踏み切る人もいます。
悪性でない限り、適切な処置をすることになります。
しかし、手術を行う事はその物体にリスクを伴うことになります。
そのため慎重に判断をすることが大切です。

 

肝臓にできる血管腫は、治療をする場合には手術を行います。
リスクを伴うことになるので、年齢を考えて早めの治療が必要となります。

スポンサーリンク