赤ちゃん 苺状血管腫 消える時期

赤ちゃんの苺状血管腫の消える時期

スポンサーリンク

母親が赤ちゃんの苺状血管腫を見つけたときには大変心配されます。
赤ちゃんの検診で消える事を教えてくれますが、消える時期の判断が難しいです。
こちらの症状について紹介していきます。

 

 

【消える可能性 】
母親が見つけることが多い赤ちゃんの苺状血管腫は、生まれつきのものが多いです。
検診の時に医師から指摘されることもありますが、ほとんどの医師が消える時期があることを説明してくれます。
しかし、両親にしてみれば大変気になる存在です。
苺状血管腫の消える時期は、その子どもにより異なります。

 

赤ちゃんの苺状の血管腫の消える時期は、その赤ちゃんにより異なりますがほとんどの場合には生まれてすぐ進行していきます。
そしてこちらの血管腫の場合には6歳から7歳の頃になると自然消滅していく存在です。

 

しかし、発症の時から計算すると6年または7年の時間が必要となるものです。
保育園や幼稚園でいじめられないか心配する両親もいます。
しかし、自然に消滅する時期があるため大人のようにレーザーなどの治療を行わない方が、痕が残らずに成長していくことができます。

 

しかし、自然消滅する時期が過ぎている場合でも自然消滅しなければレーザーなどの治療が必要なことになります。

 

スポンサーリンク

 

【苺状血管腫の原因について】
赤ちゃんの時に症状が出てしまう苺状血管腫は、極めて狭い場所の血管が増殖をすることで症状が現れてしまう病気です。
しかし、遺伝性がない症状なので、消える時期が来ることで消滅してしまうものです。

 

しかし、稀に自然消滅する時期が経過しても残ってしまうことがあります。
また、大きくなってしまった場合には消える時期がきても綺麗に治ることができない症状です。
このような状況になっている場合には適切な治療を行うことで跡を残りにくくすることが可能となります。

 

赤ちゃんの苺状血管腫は、消える時期が来ると自然に消滅してしまいますが、放置しているときに出血やただれを起こしてしまうことがあります。
また血管腫に潰瘍ができてしまうことがあります。
このような症状になった場合には消える時期を待たずに適切な治療をスタートさせる必要があります。
赤ちゃんの症状により治療の判断を行う必要があります。

 

赤ちゃんにできる苺状血管腫は、消える時期が来ると自然消滅してしまうものです。
しかし、症状によっては治療が必要となります。
この血管腫が気になる場合には定期的に医師に相談することが必要です。

スポンサーリンク