血管腫 身体障害手帳 申請

血管腫で身体障害手帳の申請ができるのか?

スポンサーリンク

血管腫になったことで、普段の生活が不便になることがあります。
そのため身体障害手帳の申請ができると考える人もいます。
この疑問について説明していきます。

 

 

【血管腫で身体障害手帳の申請? 】
日本では、障害を被ることで身体障害手帳の取得ができます。
申請をして取得できる制度ですが血管腫では、認定されない制度になります。
それは現在日本が定めている認定条件に該当しないからです。

 

こちらの病気では身体障害手帳の申請ができないのが現状ですが、他の病気を併発することで認定を受けることが可能となります。
血管腫が脳に発症することで脳梗塞の症状を引き起こし、後遺症が残った場合には脳梗塞で認定を受けることができます。

 

原因は、血管腫になりますが認定された条件は脳梗塞になります。
そのためこちらの病気が原因による他の症状が発生することで身体障害手帳の認定を受けることが可能となります。

 

この認定を受ける事は、制度として定められた症状がなければ認定を受けることができない制度です。
残念ながら現在、こちらの単体の病気では認定される条件に該当しないです。
しかし、他の難病や障害の残る病気により認定を受けることができるようになります。

 

スポンサーリンク

 

【他の認定制度は? 】
血管腫による身体障害手帳の申請は現在日本ではできませんが、他の制度の申請はできることになります。
こちらの症状により異なりますが精神障害者保健福祉手帳の申請を行うことができます。

 

この認定通知を受けることで福祉サービスを利用することができます。
身体障害手帳と同じような福祉サービスを受ける事は、障害の程度により異なります。
通常の血管腫の場合には高い等級の申請は難しいことになります。

 

これらの認定を受けるときには、普段の生活に支障が来たしていることが条件となります。
そのため申請ができる時期は、病気が発症して普段の生活に影響が出ている時期となります。
血管腫だと診断されている状態であっても、生活に何らかの支障がない限り認定されることが難しいです。
それだけこちらの病気はまだまだ難病として認知されていないことがわかります。

 

身体障害手帳の認定は血管腫の病気では難しいです。
この病気により他の症状が発症することで認定を受けることができます。
まずは現在の生活状況の不便さを医師に相談することがスタートとなります。

スポンサーリンク