海綿状血管腫 手術 リスク

手術のリスクが高い海綿状血管腫

スポンサーリンク

海綿状血管腫の手術のリスクが高いのは、こちらの症状が発症してしまう場所に問題があるからです。
その多くが脳の中に症状が現れてしまいます。
そのためリスクが高くなってしまうことになります。

 

 

【海綿状血管腫の治療方法】
海綿状血管腫は、脳の中の血管に症状が現れる病気です。
最近ではCTやMRIが発達することにより症状のないものも見つかることが多いです。

 

しかし、脳内出血やてんかん発作の影響が出ている場合には症状が出ている病気になります。
特にてんかんの発作の場合には側頭葉の内側など運動野に近い前頭葉に発見されることが多くリスクが高くなってしまいます。
症状のない状態であれば治療を行う必要がありませんが、症状のある場合には治療を行う必要があります。

 

【有効な治療】
海綿状血管腫の治療では手術と放射線治療があります。
場所によって安全でリスクの低い手術では、問題なく切除することができます。
しかし、こちらの治療方法では、出血を繰り返す状態や外科的治療を行い落下の可能性が低い場合に行われることになります。

 

放射線治療の場合には、定位放射線の治療を行います。
しかし、放射線治療では症状を悪化させることもあるため、こちらの治療方法を採用しないことがあります。

 

スポンサーリンク

 

【術後の問題】
てんかんなどの発作を引き起こしてしまう海綿状血管腫の場合には、手術を行う必要がありますがリスクを伴うことがあります。
それはこの血管腫ができている場所が運動をつかさどる場所にできていることが多いからです。
しかし、出血をしやすい状態やそのまま経過観察することが危険と判断した場合には手術を行います。

 

しかし、海綿状血管腫の手術では、リスクを伴うことになります。
また、放射線治療を行った場合でも合併症による放射線壊死の心配があります。
こちらの症状の出血等を低下させることができても注意が必要な治療方法です。
そのため海綿状血管腫の治療を行う場合には、慎重な判断が必要となります。

 

こちらの病気のリスクでは、記憶障害や運動障害を引き起こしてしまうことがあります。
そのため血管腫ができている部位によってリスクは高くなってしまいます。
特に脳幹部にできた血管腫の外科的治療ではセカンドオピニオンが必要です。

 

海綿状血管腫は、発症した場所により手術のリスクが高くなります。
そのため慎重な判断が必要となりセカンドオピニオンを受けることになります。

スポンサーリンク