血管腫 粘液嚢胞 違い

血管腫と粘液嚢胞の違い

スポンサーリンク

血管腫と粘液嚢胞は、違いがあります。
しかし、治療方法は最終的に外科的治療が両方とも行われます。
両者の違いについては、症状や原因になります。

 

 

【血管腫の症状と治療】
血管腫は、血管組織の増殖からなる病気になります。
その主な原因としては欠陥の先天性奇形または発育異常的要素を持っている過誤腫と言われています。
こちらの症状ではほとんど変化しないものから途中で大きく増殖してしまうものもあります。
なかには自然に退縮するものもあり、大きさはさまざまです。

 

良性のものが多く経過観察を若い年齢の人は行っていきます。
そのため高齢者や症状が発症していて普段の生活ができない場合以外には、あまり治療を行わない症状が多いです。
症状が現れる体の場所により治療方法が異なるのも、血管腫の特徴といえます。

 

 

【早急な治療方法】
血管腫は、粘液嚢胞と違い症状は様々ですが、普段の生活ができない状況にある場合には、粘液嚢胞と同じ外科的治療を行うことになります。
レーザーを使用する治療もありますが、時間を必要とする治療になるため外科的治療を行い血管腫の部位を切除する治療を行うことになります。
この外科的治療は違いのない治療方法になります。

 

スポンサーリンク

 

【粘液嚢胞とは?】
粘液嚢胞は、小唾液線から分泌されている粘液流出の生涯によって粘液が組織内に結合して嚢胞となってしまう症状です。
反復性の症状や慢性的な症状がある病気です。
発症ししまう場所は下唇や舌など口の周りや口腔内に症状が現れます。
血管に腫瘍ができてしまう欠陥氏とは違いがあります。

 

 

【症状と治療】
粘液嚢胞の症状が血管腫と違い粘膜の面からは球状に膨隆するもので球状の柔らかい小さな嚢胞です。
柔らかいものなので破裂することがあり、自然に治癒することができない症状となります。

 

粘液嚢胞の治療は、通常外科的治療を行います。
摘出手術を行い嚢胞を全て取り除く手術となります。
通常4つの後は多少腫れてしまいますが、予後は良好なものが多いです。
習癖などがある場合には改善や刺激している因子の除去が再発防止に重要な治療となります。
血管腫と違い粘液嚢胞は、発生する症状の原因などがあった異なるため違う治療を行っています。

 

血管腫と粘液嚢胞では、発症してしまうメカニズムが異なっています。
外科的治療で聞き出することは同じですが、それ以外は違いのある病気です。

スポンサーリンク