血管腫 頭皮 大人

頭皮の血管腫!大人の治療

スポンサーリンク

血管腫の種類によっては、大人の頭皮にできてしまうことがあります。
赤ちゃんの時の場合には自然に消滅してしまう可能性が高いのですが、大人の場合には適切な治療を行う必要があります。

 

 

【外科的治療】
血管腫の治療では、確実に切除する方法として外科的治療の手術の方法があります。
確実に部位を除去することができる治療方法です。
頭皮の場合には表面に症状があるため手術を行い切除することが可能となります。

 

赤ちゃんの時にある症状と異なる大人の場合には、外科的治療を行い確実に切除する手術が最適の方法です。
しかし、大人の頭皮の場合には、別の問題があります。
それが頭皮の発症している場所です。

 

大人の頭皮の血管腫では、発症している場所により外科的治療を避ける場所があります。
それが髪の毛が生える目立つ場所です。
手術を行うと発症している場所周辺を一緒に切除してしまいます。

 

髪の毛の毛根も一緒に切除してしまうことがあるため、目立つ場所にある場合には、外科的治療を行ったことで髪の毛が生えてこなくなります。
そのため目立つ場所の場合には外科的治療を行うのは不向きな治療となってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【レーザー治療】
血管腫が頭皮にできてしまった大人の場合には、外科的手術を行うと部位の場所によって髪の毛が入ってこなくなってしまいます。
目立つ場所の場合には、禿ている状態になるため生活に支障をきたすことがあります。
そのため外科的治療とは違う治療方法を採用することになります。
それがレーザー治療です。

 

レーザー治療では、血管腫の部位にレーザー照射をして治療することになります。
血管腫がレーザー照射によりだんだんと小さくなっていくことになり最終的に周辺の頭皮と変わらないようになります。
レーザー治療の場合には、時間を要する治療となります。
外科的治療と異なり短期間で治療を終わらせることが難しいです。

 

しかし、頭皮の髪の毛を以前と同じような状態にするためには、こちらの治療方法を採用することが患者にとって大変ベストな選択になります。
部位の場所により異なる治療方法を採用することになります。

 

頭皮にできた大人の血管腫の場合には、髪の毛の問題があります。
髪の毛のことを考えて治療方法を決めていきましょう。
できればレーザー治療を最初にそれで完治しなければ手術を行うのが最良の方法です。

スポンサーリンク