血管腫 大人 治療

大人特有の血管腫の治療

スポンサーリンク

大人が発症してしまう老人性血管腫があります。
治療方法も複数存在しております。
患者の最適な方法を選択して治療を進めていくことになります。

 

 

【大人ができる老人性血管腫とは? 】
大人の中でも30歳を過ぎたあたりから発症してしまう老人性血管腫は、赤い黒子のような外観をしているものです。
しかし、黒子とは異なるもので皮膚のなかには毛細血管が増殖した結果現れる症状です。

 

 

【症状の場所】
大人でできる老人性血管腫の症状は、大きさが1 mmから4 mmのサイズで若干盛り上がっているものです。
発症する場所は顔、背中や胸元そして腕に集中しています。
しかし、これら以外の体中どこにでも発症します。
これらの症状が発症してしまう原因は、解明されておりません。

 

しかし、発症してしまう場所のほとんどが顔や腕そして胸元に集中しています。
そのため紫外線による影響が考えられています。

 

また、年齢とともに増殖していくため老化が関係していると考えられていますが、紫外線を直接浴びない背中や腹部にも発症するため遺伝子が原因と考えられています。
そのため現在原因が解明されていないです。

 

スポンサーリンク

 

【老人性血管腫の治療方法】
大人で出来てしまう老人性血管腫の治療方法では、凍結療法、レーザー治療そして手術となります。
こちらの治療方法で凍結療法は、液体窒素を利用して凍結させることで破壊する方法です。
簡単にできますが色素沈着が長く残ってしまいます。

 

レーザー治療では、炭酸ガスレーザーや色素レーザーなどのレーザーを利用します。
これらのレーザーの能力の違いがありますが現在日本で採用されるレーザーのほとんどがこちらの症状に効果があります。

 

そして手術は、実際に老人性血管腫をくりぬいて切除する方法です。
縫合した傷跡が残ってしまいますが確実に治療できる方法となります。

 

これらの方法は、老人性血管腫の症状や部位により異なる方法を採用することになります。
これらの方法すべてが、大人でも健康保険が適用されているため、費用の心配をすることなく利用できる方法となります。

 

大人が発症する老人性血管腫は、複数の治療方法があります。
発症した部位の場所により適切な方法を採用することが、傷跡を残さない最適な方法となります。

スポンサーリンク