血管腫 レーザー治療 効果

血管腫のレーザー治療の効果

スポンサーリンク

血管腫はレーザー治療を採用します。
症状や種類によって治療の効果が異なります。
いろんな種類の症状に対応するこちらの治療方法について考えてみましょう。

 

 

【単純性や苺状の治療】
単純性や苺状の血管腫の治療方法でレーザー治療を行います。
効果のある治療方法と言われており、特に単純性の治療では、色素レーザーを照射するのが最も効果のある治療方法です。
さらに確実な治療を行う場合には早い段階からこちらのレーザー照射の治療を行う必要があります。

 

早い段階特に苺状の場合には赤ちゃんに治療を行います。
早い段階で治療を続けることが同じ場所に繰り返し照射する時間と手間を省くことができます。
しかも皮膚の厚さを増す前から治療を行うことができるためレーザー治療が発揮されることになります。
単純性の場合でも同じような理由から早期治療がより効果のある治療方法となります。

 

これらの血管腫の場合には、部位の切除を行う外科的治療よりもレーザーを使用した治療の方が、傷跡も残らないです。
そのため皮膚の表面が気になる場所でも安心して治療を行うことができます。

 

スポンサーリンク

 

【海綿状血管腫の治療】
単純性や苺状の血管腫の治療では、レーザー治療が効果のある方法となります。
しかし、海綿状の治療では、外科的治療となる手術を行うことになります。
こちらの症状の場合に治療を行う必要があるのは、他の臓器に影響を与える場合や普段の生活で支障をきたす痛み等を伴うなどの症状が現れたときに行います。
そのためレーザー治療を行ったとしても効果を認められることがありません。

 

海綿状血管腫の場合には、治療を行うときに手術を行うのが一般的な方法です。
また、近年では手術以外にも硬化療法や塞栓硬化療法を採用される病院がありますが、レーザー治療を採用することはほとんどありません。

 

そのため体の内部にできた血管腫の場合には、レーザー治療の効果よりも手術やその他の治療方法を採用するのが一般的な治療方法となります。
そのためレーザー治療の効果は、表面にできる血管腫に限られることになります。

 

血管腫の治療でレーザー治療を用いる効果は、表面上にできた場合に限られています。
体の内部にできた場合にはその他の治療方法を採用するのが一般的です。

スポンサーリンク