新生児 苺状血管腫 レーザー治療 効果

新生児の苺状血管腫にレーザー治療の効果はあるのか?

スポンサーリンク

苺状血管腫は未熟な毛細血管の増殖により起こる症状で生まれつきのあざではなく、新生児の時期に小さな斑点のような症状で現れることが多くあります。
自然治癒で治ることが多いのですが大きかったり発症した場所によってはレーザー治療で早めの治療を行うこともあります。

 

 

【新生児の段階では小さい斑点】
苺状血管腫は体のどこにでも見られる症状ですが顔に多く現れることがあります。
新生児の段階では小さなものであっても3ヶ月から7ヶ月頃に増殖して大きくなっていきます。
発症した場所によっては視覚障害、呼吸困難、開口障害、難聴などの機能障害を起こすこともあるのでその場合は早期治療を行いレーザー治療などで治療を行います。
今はレーザー治療での効果も数多く実証されているので比較的多く行われています。

 

 

【6ヶ月くらいが増殖期】
新生児の段階で苺状血管腫が発症すると6ヶ月後ぐらいに増殖期のピークを迎えます。
レーザー治療の効果は早めの治療のほうがあると言われており、苺状血管腫の患部が大きく隆起し過ぎると治療を終えて治った後に皮膚のしわやたるみなどが起こることも多くあります。
できれば患部が盛り上がりを見せる前に治療を行うことで効果が発揮されやすくなるので治療を行うのであれば早めに行ったほうがレーザー治療の効果は望めます。

 

 

スポンサーリンク

 

【併行した治療が効果的】
レーザー治療で苺状血管腫の増殖を抑えながら併行して圧迫治療やステロイド治療などを行うことで治療の効果を高めていくことができます。
レーサー治療は早期のほうが効果的ですので新生児での治療も可能ですが、新生児の場合は赤ちゃんお体調などをよく考慮した上で医師に相談しながら行うことが大事です。

 

 

【継続して治療を行う】
苺状血管腫は一般的的には6ヶ月頃で増殖期を終えると退縮期になって腫れが引き始めるようになします。
レーザー治療は3ヶ月に1回くらい行うこと多く、少しずつ腫れも治っていきますので、目に見える効果は時間がかかりますが継続的な治療を行うことであざは薄くなっていきます。

 

苺状血管腫の治療を行う場合は早めのほうが効果的です。
レーザー治療を行う場合も新生児からの治療もできますので症状の経過をよく見て判断することです。
レーザー治療は3ヶ月に1回くらいに行うことが多いようです。

スポンサーリンク