苺状血管腫 レーザー治療 保険適用

苺状血管腫をレーザー治療すれば保険適用はできるのか?

スポンサーリンク

苺状血管腫は体のどこにでもできる症状で赤い斑点が現れて広がり盛り上がっていきます。
一般的には7歳くらいまでには自然治癒していくので特に治療を必要としません。
しかし早めの治療を行うのにレーザー治療を行うことも多いのですがその場合保険適用は可能なのでしょうか?

 

【腫れが引いても跡が残ることもある】
苺状血管腫は生後間も無く小さな赤い斑点が現れ6ヶ月くらいで大きく盛り上がって行くことが多くあります。
ほとんどは自然に消失していくので特に治療をすることは少なかったのですが、赤い腫れが引いて治ったとしても皮膚がたるんだり、シワになったりと跡が残ることもあり、最近では苺状血管腫が大きくなる前に早めにレーザー治療を行うこともあります。

 

 

【火傷のような状態になる】
レーザー治療を行うとなると気になるのは治療費ですが基本的に苺状血管腫のレーザー治療は保険適用の治療になります。
苺状血管腫のレーザー治療は皮下で異常繁殖した毛細血管の増殖を抑える治療でレーザーで焼くような感じで行います。
したがって皮膚が火傷のような状態になるので治療の間隔をあける必要が出てきます。

 

 

【3ヶ月で1回は無料】
苺状血管腫のレーザー治療で保険適用の治療は3ヶ月で1回受けることができレーザー治療に関する費用は無料で行われます。
ただし早く治したいので1ヶ月の1回治療を受けるということもできますがその場合は保険適用ができず全額自己負担となります。

 

スポンサーリンク

 

【病院によって異なる基準】
保険適用の基準も病院によって異なる場合があるので注意が必要です。
これはレーザーを使用する範囲で異なる場合があり、例えば保険適用で10cm2について6500円程度であったりと範囲で保険適用を用いているところもあります。

 

 

【具体的に治療費の相談も必要】
実際にレーザー治療を受ける場合は事前に具体的な治療費も医師に訪ねることが大事です。
皮膚血管腫の医療レーザーの治療に対して保険の適用がされるのか、またはどこまで保険の適用が可能なのかは各医療機関の医師の判断に委ねられていることが多いので、基準が異なることがあります。

 

苺状血管腫をレーザー治療で早く治したいものですが治療費がかかるのも事実です。
保険適用がされる治療ではありますが、保険適用の基準もありますので、治療を行う前に治療費も含めた医師への相談も必要になります。

スポンサーリンク