肝硬変 クモ状血管腫 原因

肝硬変とクモ状血管腫における関係性と原因

スポンサーリンク

肝硬変は患者の多い病気ですが、その肝硬変に伴って、皮膚に『クモ状血管腫』が見られるようになる場合があります。
クモ状血管腫とはどのような症状なのでしょうか。
原因は何でしょうか。

 

 

【大切な役割】
私達の身体における「臓器」において、それが不要だと言えるものは一つもありません。
それらはそれぞれ関係し合い、個別の重要な役割を担っているからです。
そして、『肝臓』も、その中の例外ではありません。
肝臓は、アルコール等を分解する働きの他、栄養分を貯蓄しておく役割、胆汁という液体を分泌して、食物の消化を促す、といった重要な役割を担っています。
では、いわゆる「肝硬変」になるとどうなるのでしょうか。
何が原因となるのでしょうか。

 

 

【肝臓の病の弊害】
肝硬変は、文字通り肝臓が固くなってしまう病気です。
肝臓がそのような状態になってしまう原因には、普段の食生活における不摂生が大きな原因の部分を占めるとされており、アルコールを必要以上に摂取する人はそのリスクが大きくなります。
自分の許容量を超えて飲んでいることを自覚している方は、危険信号が灯っている、と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【クモ状に広がる血管?】
さて、その肝硬変に伴って現れる症状が一つあります。
それが、『クモ状血管腫』です。
このクモ状血管腫とは、字義通り皮膚に、クモ状の赤い血管が浮き出て見える症状です。
手のひらに発症することも多く、元々少量のアルコールで肝硬変へと推移しやすい女性にも多いとされていますが、女性ホルモンである「エストロゲン」の値が体内で上昇することによって、引き起こされることもあります。

 

 

【行うべきこと】
クモ状血管腫の原因を考える際に、そのものが病気というよりは、それに起因している肝臓等の状態を良好な状態に持っていく原因治療を行うことが治療としては優先されます。
肝臓の状態を改善するには、食生活の改善や、アルコールの摂取を制限する、といったことが含まれます。
これらは本来、発症する前に習慣的に行わなければならないことであり、クモ状血管腫が出た時点においては進行している場合があります。

 

肝硬変のリスクを上げるのは、誤った食生活やアルコールの摂取過多等です。
それに伴って現れるクモ状血管腫は、まずその原因となっている肝臓の状態を改善する等の手段が優先されます。
基本的にクモ状血管は自然に消えていきます。

スポンサーリンク