肝臓血管腫 肝臓癌 違い

肝臓血管腫と、肝臓癌の違いとは

スポンサーリンク

どちらも腫瘍ができるという点では共通していますが、肝臓血管腫と、肝臓癌には大きな違いがあります。

 

 

【影響がない?】
体内、さらに絞り込んで肝臓にできる腫瘍には2つの種類に分類されます。
それが、『肝臓血管腫(肝臓血管腫)』と、『肝臓癌』です。
血管腫と肝臓癌、どのような違いがあるのでしょうか。
そこには大きな違いがあります。

 

肝臓血管腫における腫瘍は、いわゆる「良性」の主要であり、基本的に私達の体内において悪影響を及ぼすことは少ないです。
ただし、大きくなりすぎたり、腹痛などを伴う症状がある場合、切除が必要になる場合があります。
大抵の場合は経過観察を行い、腫瘍がどうなっているか確認する程度で済みます。

 

 

【転移する癌】
これだけでも、いわゆる『悪性』の腫瘍とは天と地ほどの差があることが分かるでしょう。
肝臓癌における腫瘍は、悪性のものであり、命に関わることもある病気です。
肝臓癌における腫瘍は、取り除いてもすでに転移している可能性があり、それは転移性肝癌と呼ばれます。
癌細胞は血管、リンパを順路として、他の臓器に転移する可能性があります。
肝臓血管腫における腫瘍とは大きく異なっています。

 

スポンサーリンク

 

【まずは検査を】
癌…と聞くと真っ先に余命の事を考えてしまう方もおられますが、実際に癌は進行っ性のものであり、放置しておくと確かに命に関わります。
私達には、腫瘍が寮生のもの絵あるか、悪性のものであるか…いわば、肝臓癌であるのか、肝臓血管腫であるのか、という点を見極めることは現実的にはできません。
きちんと検査をしないと分からないからです。
いてしまえば、そもそも腫瘍ができたことすら、認識できないことが多いでしょう。

 

 

【重要なこと】
肝臓血管腫と肝臓癌には大きな違いがあります。
しかしこの場合大切なのは、どちらも発見が早く出来るか、という点です。
たとえ良性であったとしても、もしそれが悪性だったら、既に転移している可能性もありました。
命の危険を伴う可能性があったのです。
ですから私達は、それらの違いを理解するとともに、早期発見、早期治療の重要性を、心に留めておくべきです。

 

肝臓血管腫と肝臓がんの違いは、腫瘍が悪性か良性か、という点にあります。
違いを理解しておくことは大切です。

スポンサーリンク