苺状血管腫 出血 対処法

苺状血管腫から出血した時の対処法

スポンサーリンク

生まれた赤ちゃんに真っ赤なあざが出来てしまったらとても心配ですよね。
それは苺状血管腫と呼ばれる良性の腫瘍であるかもしれません。
ここでは、苺状血管腫と出血した場合の対処法について紹介します。

 

 

【苺状血管腫って?】
毛細血管が増殖することで現れる赤あざのことで、苺のような見た目であることから苺状血管腫と呼ばれます。
日本においては、生後間もなくの赤ちゃんに1割弱ほどの割合で発生すると言われています。

 

できた血管腫が他の体の機能や成長の妨げにならないようであれば、経過を観察していきます。
そのまま自然に消えるケースが多いですが、まぶたや鼻腔などに発生した場合は早期に治療した方が良いとされています。
もし苺状血管腫が見つかったら、早めに医療機関へ相談して適切な対処法を施すようにしましょう。

 

 

【治療法】
外科治療やステロイド治療、レーザー治療などがあります。
レーザー治療は保険が適用され、また乳幼児医療費助成制度が適用されて治療費の負担が大幅に軽減されることもあります。
治療は早めに始めるに越したことはありませんが、治療のリスクやお子さんの状況などを確認し、担当医と相談しながら決めることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

【出血の心配は?対処法について】
苺状血管腫は血管が増殖してできたものなので、もし出血したら…と心配になるかもしれません。
苺状血管腫の表面には通常の皮膚が被っているので、その箇所だけ特別に出血しやすいということはありません。
ですが、血管のかたまりなので一度傷がつくと出血が止まりにくくなってしまう場合もあります。

 

 

【対処法】
もし出血したら、ガーゼで覆うなど血を止めるための対処法が必要となります。
外からしっかり圧迫すれば止血することができます。
また、出血を防ぐための対処法としては、患部に刺激を与えないことが大切です。
引っ掻いたり傷つけたりしないように気を付けましょう。

 

苺状血管腫の多くは自然に消えていくものですが、出来た箇所によってはその後の成長の妨げになってしまう場合もあります。
また、跡が残ってしまったら子どもにとってのコンプレックスとなってしまうことも考えられます。
「おや?」と思ったら早めに医療機関で見てもらい、適切な対処法をとるようにしましょう。

スポンサーリンク