苺状血管腫 跡 注意点

苺状血管腫の跡が残らないための注意点

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんのおよそ1割にできると言われている苺状血管腫。
多くは小学校に入るくらいまでに消えるとされていますが、場合によっては跡が残ってしまうこともあります。
ここでは、苺状血管腫の跡が残らないようにするための注意点を紹介します。

 

 

【血管が異常増殖したもの】
苺状血管腫とは皮膚の表面や内部にできる赤あざの一種で、未熟な毛細血管が増殖して現れる良性の腫瘍です。
見た目が赤く、苺のような外観を示すのが特徴です。

 

苺状血管腫は放っておいても数年で自然に消えていく病気です。
しかし、皮膚のたるみやしわといった跡が残る場合もあり、積極的に治療を行う方が良いケースもあります。
また注意点として、まぶたや耳、鼻腔など、赤ちゃんの成長の妨げになるような箇所にできた場合も、早めの治療が望まれます。

 

 

【苺状血管腫の注意点・治療法】
血管の増殖を抑える内服治療、外科手術による除去、患部を凍結させる治療、レーザー治療などの方法があります。
それぞれ長所と短所があるので、きちんと専門医と相談しながら決めることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

【苺状血管腫の注意点】
血管のかたまりとなっているため、一度傷ついて出血してしまうと止まりにくいという注意点があります。
患部を引っ掻いたりしないように気を付け、もし出血してしまったらガーゼなどで圧迫してしばらくそのままにしておくようにします。

 

 

【跡が残ってしまう可能性も】
苺状血管腫が消えてから、肌の表面に血管が浮き上がってきたり、しわやたるみといった跡が残ってしまう場合があるというのも注意点の一つです。
また、あざの範囲が広い場合も跡が残りやすいため、美容的な観点からも早期の治療を行うことが望ましい場合があります。

 

また、治療を進めてほぼ治ったとして治療を中断した場合、再び幹部が膨らんできて症状が再発するといったケースもあります。
跡を残さずきちんと治すためには、医師の指示を守って独自の判断で治療を途中でやめないようにすることも注意点です。

 

出血や跡が残ってしまうリスクのほか、苺状血管腫が何らかの病気のサインを示している場合もあります。
不安や疑問を感じるときは迷わず医師に相談をし、きちんとした対処を行っていくことが大切です。

スポンサーリンク