血管腫 症状 手首

血管腫による手首の症状

スポンサーリンク

手首に出来る血管腫というものをご存知でしょうか。
血管腫というのは腫瘍の一種ですが、一般的には危険はないと言われることが多いです。
では、実際にどのような症状があるのかについて紹介します。

 

 

【手首の血管腫の症状】
これは、症状としては手首に腫れが出るといったものです。
そして、場合によっては痛みも出るということです。
毛細血管の奇形で生まれつきのものであるという場合もあって、毛細血管が身体と一緒に成長したことによってそれが腫瘍となっていたということなのです。

 

実際に手首の血管腫というのは症状的に痛みくらいのものですが、生活に支障をきたす症状が出ない、あるいは良性であるという場合には、経過観察になることが多いです。

 

 

【治療について】
この手の血管腫の治療ということですが、前述のとおり特に目だった症状がないという場合には、経過観察になります。
ただし、例外として手首に痛みがあるとったような場合で、それが本人の生活の中でよくないという場合には手術となります。

 

腫瘍ですから、当然摘出手術になるわけです。
この病気の治療は形成外科になりますから、近くに無いことも珍しいことでは無いでしょう。
この場合には、紹介状を書いてもらうことが出来ますから、安心しても良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

【入院は必要か】
腫瘍を取り除くだけということですが、手首の表情などによっては念のために入院をするケースもあります。
手首は特に生活の中でも大事なところですから、しっかりと守る必要があるのです。
そのまま無理に酷使すると手首が本当に機能しなくなる可能性すらあるかもしれません。
医師の判断にはしっかりとしたがって、血管腫をきちんと治すようにしていきたいものです。

 

大体の場合は、経過観察でよいというのが一般的なところですが、必要であれば手首など症状に応じて様々な処置があるのです。
血管腫があるなと思ったときには、まずあわてず騒がず、自分の状態をチェックしておくことが大事です。

スポンサーリンク